実験体リスト

目次

連続殺人鬼:ジャッキー

もっと…もっと…もっと…!

政治の名門ウィンスレア家の女主人とその娘を殺したことから、今まで約30人の命を奪った連続殺人犯。
遺体の破損が酷く、パッチワークを縫い合わせるように亡骸を合わせてみないと身元を割り出すことができないことから、ジャッキークィルトというニックネームがついた。

残酷な殺し方と用意周到な後始末で有名。
記録によると、「アンジェラ・ウィンスレア」はジャッキーに殺された最初の犠牲者であり、唯一皮の一欠片も発見されなかった被害者らしい。

使用武器:斧、両手剣、短剣、双剣

紹介ページはこちら


警察官:アヤ

私の光。私の正義のために。

正義に対する憧れから警官になったが、家族が殺人事件に巻き込まれて以来、自分の職業に疑念を持ち始めた。
同時に正義に対する思いは増していき、自分以外に正義を体現できる人はいないとも思い始める。

死体を直視することができない。たまに動物の死体を調べなければならない時は大きなストレスを感じる。
弟の名前は、鈴木 光。両足がない。

使用武器:拳銃、突撃小銃、狙撃銃

紹介ページはこちら

高校生:ヒョヌ

もう失うものもない。

ヒョヌには夢も希望もない。ヒョヌが未来について感じるのは「閉塞感」だけ。
だから未来から目を逸らすために喧嘩をしたり、バイクに乗ったり、ただひたすら現実からの刺激を求めた。
でもどんなに誤魔化そうとしても、絶え間ない不安は消えず、心の中に残っている。

大人になったら一番やりたいことは宝くじを買うこと。
家族よりも友達への愛着が強い。

使用武器:グローブ、トンファー

紹介ページはこちら

暴走族:マグヌス

伝説のバイカーマグヌスとはこの俺様のことだ。

アメリカの有名な暴走集団Reaper’s Wheelのリーダー。
彼がリーダーになる前から有名な集団であったので、他のバイカーたちからの牽制は絶えず、その結果 彼らが行く先々で集団抗争が起こった。
相手が何人であろうとマグヌスは勝ち続け、そのおかげで暴走族の間では生きる伝説となり、Reaper’s Wheelを代表する人物となった。
マグヌスはそのような自分の力に対して大きなプライドを持っている。

暴走族出身なのでよく相手を挑発する。
力! 根性! という言葉が好きらしい。

使用武器:金槌、バット

紹介ページはこちら

フェンサー:フィオラ

首! 腰! 姿勢がなってないわよ!

実力派のフェンシング選手。品行方正さと高いプライドは家庭の影響。
家父長的だった父は、女性は男性に給仕するためだけの存在だと思っており、
フェンシングを始めたのは そのようなな父に対しての反発心と認められたいという欲求からであった。

学生時代には数学が一番成績が良かった。
自分より弱い人は守りたがって、自分より強い人には認められたがる。

使用武器:レイピア、両手剣、槍

紹介ページはこちら

洋弓選手:ナディン

弓を持った私は外さない。

4歳の頃、豪雨による土砂崩れで両親を失い、一人生き残って獣に救われ育てられる。
8年間、記録上は死亡とされていたが、ある狩人に発見され それからは人間としての生活を始める。
しかし、野生での習性を完全に捨てて人間社会に適応できない状態。
ちょっとしたことでも自分が人間としてどのような行動をするべきなのかいつも混乱している。

幼い頃の土砂崩れで土砂に押し潰された記憶があり、閉所恐怖症である。
決められない症候群的な傾向があるが、そのことを隠すためシニカルな態度を見せる。

使用武器:弓、弩

紹介ページはこちら

教徒:ザヒル

我の目には神が見える。

幼いころ孤児院から逃げ出して飢えと疲れで死にかかっていたところ、奇跡的に小さな礼拝堂に辿り着き、生き延びた。
彼はワヘグルが自分を救ってくれたと思い、その日から無条件の信心を持って信仰に身を捧げている。

毎朝体を洗って、木櫛で髪を整える。
口数が少ないので分かりにくいが、少し中ニ病的なことを言う。

使用武器:投擲、暗器


紹介ページはこちら

ギタリスト:ハート

Love. Love and P..Peace

愛と音楽は世界を変えられるというスローガンに惚れ込んでロックを始めた。
彼女のバンドは世に名を馳せ、レーベルの目に留まったが、ハートは自分が望む音楽ができないという理由で提案を断った。
しかし、生活苦に喘いでいた仲間たちは彼女なしに契約を進めてしまう。
仲間たちの裏切りにショックを受けたハートは、自分が間違っていないことを証明するために、音楽は人を変えられるという言葉にさらに固執する。

父はアーモンド農場を経営し、背丈も顔も同じ双子の弟がいる。

使用武器:ギター

紹介ページはこちら

ゲリラ:アイソル

ここで止まるわけにはいかない・・・!

孤児院にいた時の名前はマルセロ。12歳までそこで生活した。
孤児院からの脱走のきっかけは頼りにしていた親しい友人のフランシスコからの誘いがあったから。
その後 何人かの子供たちとともにテロ組織MOKに入ったが、その時一緒に入った子供の中で、死んでも捕まってもいないのはアイソルだけだった。

必要以上に人を残忍に殺す傾向がある。
他人についての情報にはあまり興味がない。余計な情に煩わされるのが嫌だから、がその理由らしい。

使用武器:拳銃、突撃小銃

紹介ページはこちら

ニート:ダイリン

私に構わないでくれる?

武術家の一人娘。
家族が武術の道を究めることで彼女のことは後回しだったため、武術に対して否定的な感情を持っている。
ダイリンは武術に全てを捧げた家族に仕返しをするため、代々伝わってきた秘伝の武術と共に道場を全部潰し、
自分も武術家としての矜持を捨てて生きていく道を選ぶ。

酒を買うお金がなければ適当な仕事を探す。
町の中では名前より利花子(乞食の李さん)と言うあだ名で有名である。

使用武器:グローブ、ヌンチャク

紹介ページはこちら

高校生:雪

何か、僕にできることはないでしょうか。

礼儀正しい仕草、謙虚な口調を持っている剣道部所属の高校生。

すべての瞬間を受け入れ、戸惑うことなく解決していく。

その完璧さはまるで堅固な氷城に見えながらも、すぐにでも壊れそうな瑠璃の如く存在する。

使用武器:両手剣、双剣

紹介ページはこちら

巫女:ヘジン

神様の思し召しのままに…

有名な世襲の巫女の家の一人娘。
子の刻に生まれたら浮き沈みのない良い人生を送れたはずだが、亥の刻に生まれてしまい、18歳で見舞われる試練を乗り越えた後人生が平穏になるという四柱を持ってしまった。
本人はこれも運命だと受け入れている様子。家庭の環境のせいか運命論的な考え方が強い。時々琵琶をひきながら霊と話す…と言うが、他人から見るとただの独り言。

使用武器:弓、暗器


紹介ページはこちら

料理人:シウカイ

なぁに見てんだ。餃子の具にしてやろうか。

テグで小さな中華料理店を経営している中国人の料理人。
昔、中国の高位政治家の専属料理人として、政治家並みの財力と人脈を持っていた。
しかし、主人が一晩で粛清されたので韓国に逃げてきてひっそりと生きている。

本人曰く、本来は引き締まった体と気品に溢れていたとか。
昔、高級官僚たちに調子を合わせていた癖で、マインドコントロールが上手い。

使用武器:短剣、槍

紹介ページはこちら

患者:シセラ

生きるのは苦しいだけ。続けたって次の痛みが私を待っているだけです。

全世界に100人しか存在しない難病患者。
幼少時にその診断を受け、それ以来 病院で闘病生活をしている。
常に激しい苦痛に晒されて生きており、自殺すら何度も試みるも結局死ぬことは出来なかった。

医学界でも非常に珍しいケースだと判断され、最先端医療や技術、医療費の支援がされたが、
シセラの目には自分の体で医学的実験を行うために支援されていると映っている。

無表情で、口数も少ない。幼少時からの闘病生活で友人も少なく、他人との会話には不慣れである。
周囲にある物に絵を描いて名前をつけて会話をする癖がある。

使用武器:投擲、暗器

紹介ページはこちら

修道女:キアラ

私は汚れてしまった…。こんな私に救いなんてあるはずがないわ…。

生まれてすぐ閉鎖的な修道院に預けられ、来る日も来る日も神の全能を洗脳されてきた。
修道院外への外出が許された後、彼女は神が使徒の役割をする自分を守ってくれると信じ、最も劣悪な環境の場で伝道し始めたが、結局 拉致されてしまう。
人身売買市場を彷徨う過程で、自分が汚くて卑しいと思ったことをしながら、
神を否定する思いを持ちはじめ、そんな自分に対して強い嫌悪感を持ってしまう。

美しいもの、高潔なものを見ると自虐的な思いから暴走する。

使用武器:レイピア


紹介ページはこちら

放火犯:アドリアナ

なんか…寒い…マッチはどこだったかな?

彼女の足の向くところには炎が燃え上がる。メキシコを恐怖に震えさせた連続放火事件の犯人。

いつもパイプをくわえている。重い煙を吐きながら、空きビルや工場を燃やす。

空を見上げて誰かにやさしく声をかけたり、名前を呼んだりすることもある。
彼女が見ているのは果たして誰だろうか。

使用武器:投擲


紹介ページはこちら

レーサー:シルヴィア

ワオ、それ面白そうじゃん!!

母は放浪写真家で、父とは会ったことがない。彼女は幼い時から両親ではなく祖父と一緒に生活していた。
他人と関係を結ぶことにあまり価値を見出せず、今この瞬間に何を感じているかを一番大切にしている。
オートレーサーになったのも、一瞬のスリルや感動を大切にする性格のためである。

些細なことにも喜ぶ性格で、後先を考えずにトラブルを起こすお天気屋である。
後事を何も考えてないようなレーススタイルで有名だった。

使用武器:拳銃

紹介ページはこちら

証券マン:彰一

で、どれくらい払ってくれます?

素朴で無能な会社員だったが、先天性心臓病を患っていた妻の死をきっかけに人が180度変わった。
お金が無くてしっかりとした手術と治療をしてあげられなかった彼は、妻が死んだのはお金のせいだと思っており、
妻と同じ病気を持っている娘まで死なせるわけにはいかないと、お金のためなら何でもすると決意する。

平気な顔でとても俗物的な話をよくする。
お茶派だが、なぜかそれが旧式だと思っていてコーヒーをよく飲む。

使用武器:短剣

紹介ページはこちら

マジシャン:エマ

すごいもの、見せてあげる!

いつも笑顔のストリートマジシャン。

元気な足取りでカードやコイン、帽子を利用したマジックを見せる。その中でも特技はカードマジック。

観客の間で彼女はBeginnerという意味の「ビギーエマ(Begi Emma)」と呼ばれている。
笑い声や話し声が大きくて煩いが親しく接してくる彼女を嫌うのは難しい。

マジシャンとして自由に生きるために成年になった後、厳しい親の元を離れた。
現在マジシャンとして成功するために母を残して家を出たという祖父を探している。

使用武器:暗器

紹介ページはこちら

釣り人:レノックス

釣り、よくない? 心が落ち着くんだぜ。

スーツを着ていつも同じ場所に座っている釣り人。

遠くからも聞こえてくる豪快な笑い声と腕の独特なタトゥーでかなり目立つ。
普通ではない過去がありそうだが本人はただの釣り人だと言い張っている。

いつも余裕溢れる態度で笑っているが、背中の傷跡のことを聞くと表情が暗くなる。

使用武器:鞭

紹介ページはこちら

傭兵:ロッジ

おつかれ。

幼い頃から訓練された武装団体出身の傭兵。

現在はCorda D’arco(弓の弦)という傭兵集団の一員。国家単位の諜報作戦や、多国籍企業の依頼を担当するチームのリーダーである。
特に、一瞬も冷静さを失わない性格と、突発状況でも最良の戦術を探し出して指示する優れた指揮能力に定評がある。

表情の変化があまりない顔と無味乾燥な性格のせいで、彼女を難しく感じる人も多い。
また、自らも親しい関係の人を作らない。組織内でも固定されたチームで動かず、任務ごとにメンバーが変わる。

彼女が過去同じ団体に所属していた仲間を探しているという噂がある。

使用武器:拳銃

紹介ページはこちら

掃除屋:ルク

汚い家、捨てゴミ、人間のクズ。なんでも掃除しますよ。

自分が8年目のベテラン掃除屋だと主張する青年。

ある日ふらっと現れ、街に溶けこんだ。
愛想のいい性格と笑顔、掃除だけではなくどんな頼み事もたいていのことは手際よく処理するので街の人々に人気が高い。

しかし、昼の職業はいわゆる偽装用で、夜には依頼を受けターゲットを ”掃除” する仕事をしている。
今まで依頼に失敗したことはない。

父は彼が生まれる前に死亡し、収監されていた母も彼が8歳になる年に死亡した。
施設に預けられていたが、その後 養子に迎えられる。養父から暗殺術を習った。特技は短剣術と狙撃。

使用武器:バット

紹介ページはこちら

医者:キャッシー

血と死体は私の専門分野です。

感傷的で優しい性格のため、患者に深入りしすぎることが問題。
いらぬ同情心から起こした医療事故で病院から追い出され、現在は無料診療所を運営しながら住民たちの助けを借りて何とか生きている。

無料で診療を受ける住民たちも、「人はいいけど、どこかちょっと変」だと思っている。
そのため大きな病気になったらみんな彼女の診療所に行かず大きい病院に行くらしい。

使用武器:短剣

介ページはこちら

チェスチャンピオン:アデラ

なにそんなに足掻いてんの?どうせ私が勝つのに。

チェスの世界チャンピオン。彼女の行く道は勝利のみで、敗北など彼女には存在しない。いつも先を読み、その計算通り行動する。

いつもはもどかしいくらいに行動が遅いが、ゲームが始まったらそれに集中する。

考えることを好み、正確な判断から積み上げる一手一手から喜悦を感じるらしい。

使用武器:レイピア

紹介ページはこちら

ハンター:バニス

人は撃たない。獣を狩るだけだ。

人との交流を断って生きている猟師。普段は山の中で動物の世話をしたり狩ったりして生活をするが、
たまに人に危害を与える猛獣を処理したり、不法に動物を捕獲する密猟者を追い出したりしている。
若い時 ある女性が好きだったが、彼女にはすでに許嫁がいて、”よその男と情を交わす”と噂になって冷遇されるのを避けるため、自分から町を離れてきたと知られている。

精神が乱れると言う理由でお酒は飲まないが、タバコはかなりたくさん吸っている。
若い頃、一度だけ人を狩ったことがある。

使用武器:狙撃銃

紹介ページはこちら

発明家:バーバラ

これがどんだけすごい発明なのか、あんたらには分かんないだろうね。

幼い頃からエンジニアになるのが夢だったが、親から強いられ医大に進学する。
両親が死亡した後、干渉してくる人がいなくなり15年間ロボットを作ることに専念した。
しかし、完成を目の前にして財産と保険金を全部使い果たしてしまい、彼女のロボットは未完成のまま。

他人に認められることに飢えていて、少しでも褒められると喜ぶ。
15年間 家の中に閉じこもっていたせいで現実認識が上手くできない。

使用武器:バット

紹介ページはこちら

スパイ:アレックス

未来は真実を知ると見えてくる。

6つの外国語に堪能で、すべての武器の扱いに慣れている。
テトリスが好きらしい。身体能力とは別に、健康そうには見えない。

それ以外のことは不明。

使用武器:両手剣、トンファー、拳銃、暗器

紹介ページはこちら

司書:スア

優しいお話を聞かせてあげたいです。

市立図書館の司書。休む日はほとんどないらしい。
他の司書たちとシフトを変えてくれることも珍しくなく、自ら提案することもある。

いつも夢を見るような口調の理想主義者。優しくて親切な性格の持ち主。
いつも薄い微笑みを浮かべている。平凡な外見にもかかわらず特殊な能力を持っているが、自慢することはない。

物語の流れ、内容、文字自体を覚えることが上手い。本の位置や配列、ページの順序まで覚えてしまうことも多い。
彼女はこの才能を書架の整理に使っている。休みの日にも手から本を離さない。

使用武器:金槌

紹介ページはこちら

水泳選手:レオン

軟弱は罪だ。軟弱者は落ちぶれるんだ。

父が武勲の誉れ高い軍人であり、自分も運動選手として男は強くあらねばならないという観念に縛られている。
小さい時から弱い面は決して見せてはいけないと思い、そのように抑えつけられた欲求は物欲的な執着の形で現れ、
特に繊細できれいな物に対して強い収集欲を持つようになった。

中にかわいい服を着たり、ギャラリーをかわいい写真で埋め尽くすなど、こっそりと隠された自分を解放している。

使用武器:グローブ

紹介ページはこちら

ストリーマー:Eleven

お腹いっぱい食べたら幸せにならない?

<Eleventh Table>というチャンネルを運営するストリーマー。
主に食レポを進行し、ほとんどの食べ物に対して美味しいと絶賛する。
明るい声と可愛くて面白いリアクション、一生懸命な態度からマニア層のファンがかなりいる。

89種類のマカロンを部屋中に並べて食べる動画が一番人気が高い。
最近は人生で初めてヨウティヤオ(油条)を食べて感心して、食べ歩きの食レポに没頭している。

最近、想像以上の資産家の一人娘だということが知られてからは動画のアップロードが途切れた。

使用武器:金槌

紹介ページはこちら

高校生:莉央

矢先にはどんな嘘も通じないよ。

いつも正しい姿勢で的を見つめる弓道部所属の高校生。

優れた実力で多くの人々の憧れと嫉妬を浴びていた。
冷たい外見と落ち着いた態度、素直で不器用な口調のせいであまり人を寄せ付けない。
しかし、実際は人に接することが苦手で、かわいい物が好きで自分が好きな分野のことを話す時は興奮する普通の高校生。

高校生として最後に参加する弓道大会を目前に、突然行方不明になった。

使用武器:弓

紹介ページはこちら

野球選手:ウィリアム

もう手加減はしない

大リーグの看板投手だった。

いつも真剣な態度で練習に臨み、絶えず自分を鍛えてきた。
責任感が強く、すべてに責任を負おうとして周りの人から理解して貰えないこともあった。

弟との事のせいでイメージに打撃を受け、
八百長の疑いまで生じ、野球界から追い出された。

その後3年間、誰も彼の行方を知らなかった。

使用武器:投擲

紹介ページはこち

スタントマン:ニッキー

なんだよ面倒だな!…一体何があったんだ?

力持ちの小柄なスタントウーマン。

かわいい外見だが他の人にかわいいと言われると怒る。恥ずかしがり屋でよく強がるが言葉や仕草ですぐ本性がバレてしまう。

言葉遣いや行動が荒くて過激だが、助けを求める人を素通りできない性格だ。
人の顔はよく覚えるが名前を覚えられなくていつも困っている。

使用武器:グローブ

紹介ページはこちら

写真作家:ナタポン

みんな、何かのために旅をするんだ。そうだろう?

絶えずシャッターを押し続ける。足の向くままに旅をする放浪写真家。

非常に楽天的で、適応力も高いが、他人と深く関係を持ちたがらない。

眠りから目覚めた時はいつもカメラのアルバムを開いてずっと写真を見つめる。
何かを失ったかのように。

使用武器:カメラ

紹介ページはこちら

キックボクサー:ヤン

やってやろうじゃねぇか

愉快でユーモラスな性格だけではなく、ボランティア活動などの善行で固定ファンがいるキックボクサー。

有名なムエタイ選手の長男。弟と一緒に海外でムエタイを始めたが、留学中 暴力事件に巻き込まれる。
その事件で父はヤンをオランダに帰国させた。
それから過去を引きずり非行に走るが、それを克服しキックボクサーとしてデビューする。

ニコニコ笑いながら冗談を言っていても、いざ戦いが始まると真面目な顔で対峙する。
速くて重い一撃を繰り返す彼のコンビネーション攻撃から逃がれることはできない。

使用武器:グローブ

紹介ページはこちら

高校生:エヴァ

ただ普通に生きたかった。それがこんなに難しいことだったなんて知らなかったよ。

話し掛けても優しく微笑むだけで、自分の話をしない。そんな姿から何か秘密を隠しているような、神秘的な雰囲気が感じられる。

痛覚が鈍いのでよく転んだり怪我をする。痣や傷ができても気づかない。少し触れただけでも倒れてしまいそうな弱い体を持っているが、みんなを恐怖に震わせる強力な力を隠している。


使用武器:投擲

紹介ページはこちら

美容師:ダニエル

蝶を壁に固定するには鋭いピンが必要だ。

ハサミで自分の美学を表現する長髪の美容師。

客が望むスタイルが何なのか聞かない。ただ眉間にしわを寄せたまま、頭の中で浮かんでイメージが完成するまで作業に集中する。
彼が作ったヘアスタイルは長い間 美しさを失わない。
客は自分勝手に作業をする美容師を不便に感じたが、実力は認めざるを得なかった。

ある日、急にとある客のスタイルの手入れが必要がと外勤の申請を出した。
彼は自分の荷物を持って店を出て行ったきり帰ってこなかった。同僚の美容師は、当時 彼はすごく怒っていたように見えたと言っている。

使用武器:短剣

紹介ページはこちら

女優:ジェニー

宝石はその価値を知る者にこそふさわしいものよ。

自分の演技に強い自負心を持っている俳優。
恋に落ちるのが早いが、特有のプライドのため、実際に付き合ったことはない。
平凡な家庭で育ったが、その平凡さが嫌いで、わざわざ高級で派手なものを追求する。
日常が演技の連続である彼女はいつか大スターになる日を夢見ている。

使用武器:拳銃

紹介ページはこちら

バレリーノ:カミロ

この美しい花も、あなたの前では光を失ってしまいます。

彼特有の美しい容姿と大げさな身振りでどこにいても目立つバレエダンサー。
外見だけでなく才能にも恵まれ、ダンスの実力は子供の頃から王立芸術アカデミーでも認められていた。
彼自身も自分が傑出した容姿と才能であることをよく知っていて、人々の反応で自分の魅力や美しさを確認することを楽しむ。

世界を完全に自己中心的に捉えていて、自分の感情にはとても正直で五月蝿いが、他人の痛みや悲しみには無関心である。

いつもどこから出てきたかわからない薔薇を持っている。
" Elegante!" " hermoso!" " bonito!" などの、美しい、素晴らしいという言葉が口癖である。

使用武器:双剣

紹介ページはこちら

人形作家:クロエ

人形が動くって?なんの冗談?

柔らかい笑顔と落ち着いた表情、そして優しい態度の人形作家。

子供をなだめるような口調で他人に近寄る彼女は特有の親和力で他人の警戒心を簡単に解いてしまう。
イライラや怒りなどの否定的な感情を表に表すことがほとんどなく、他人からはよく穏やかな人だと思われる。

しかし時々自分の人形、「ニナ」に話しかけながら本心を表すことがある。

使用武器:暗器

紹介ページはこちら

司祭:ヨハン

聖父と聖子と聖霊の御名によりて。

どんな状況でも信心を失わない司祭。

融通がきかない原則主義者で、几帳面で気難しい性格なので近寄り難い。
イライラや怒りを抑えるたびに十字を切る癖があり、聖堂の人々は彼が十字を切ると緊張する。

ある程度のことには揺るがない精神力を持っているが、それにもかかわらず彼を揺さぶるものがある。
それは子供たち、ワイン、そして自分が尊敬していた人。

使用武器:アルカナ

紹介ページはこちら

高校生:ビアンカ

お主の血はどんな味じゃ?

自分をヴァンパイアだと思う少女。

日に当たると燃えるかもしれないと日傘をさして、ゴシックスタイルの服を着たまま昔の貴族のような口調を使用する。
家族を含めた周りの人は彼女がキャラクター遊びをしていると思っている。

しかしある日、
彼女の部屋でしばらく出かけるというメモと一緒に出所のしれない血液パックが発見された。

使用武器:アルカナ

紹介ページはこちら

整備士:セリーヌ

大体の問題は爆発させたら解決できる。

何を考えているのかわかりにくい整備士。

自分だけの思考体系を持っているため、次に何を話すか見当がつかない。
自分が関心を持つこと以外は無関心だ。彼女の関心を引くのは爆弾、そして爆発。

爆発物処理班で戦争に参加した。除隊後、PTSD治療中に行方不明になった。

使用武器:投擲

紹介ページはこちら

???:エキオン

戦う理由だぁ?そんなのはバカが考えることだ!

目の前の敵にすかさず飛びかかる彼の姿は、ただ戦うために生まれてきたかのようだ。
知能的に戦略を練るタイプではないが、優れた反射神経と卓越した戦闘感覚で敵を制圧する。

彼は自分の国籍も本名も全て忘れた。なぜ腕を失って義手を付けるようになったのかも知らない。

ただ自分に新しい名前をつけてくれた人が頼んだこと、目の前の敵と戦うことだけを考える。

記憶喪失の影響で常識と教養が足りないため、初めて会う人を当惑させる。

使用武器:VF義手

紹介ページはこちら

ファッションデザイナー:マイ

やる気出ないんですけど。

多くの人々に愛されているファッションブランド、「David」のメインデザイナー 兼 CEO。
天才的なデザインセンスと利己的な性格の持ち主。

物凄いお天気屋で、常に「やりたくない」を言いながら、約束を破ることもしばしば。
いつも勝手な行動をするが周りは慣れている。しかし、その気になれば頼まれてないことも自ら進んですることもある。

「David」を運営し、デザイナーマイをここまで成長させたのは彼女の秘書である。

使用武器:鞭

紹介ページはこちら

傭兵:エイデン

人生はうまく行かないのが当然だ。

過去が消された傭兵。

8年前、実験渉外中に失踪し、その過程で特殊部隊員3人が事故死した。その後、傭兵として活動したという記録を発見したが、具体的な活動内容は抜けている。

やっと得た情報によると、彼がリーダーをしていたチームはどんな任務でも生き残ってきたという。

使用武器:両手剣

紹介ページはこちら

怪盗:ラウラ

それ、私が貰っていい?フフ、冗談よ。

希代の泥棒。

何でも盗め、破れないシステムはないという噂で有名だった。宝物のような華やかな物に興味を示し、相手が戸惑うのを内心楽しむ。

警察が彼女を捕まえるための大々的な作戦を展開したが、それら全員を翻弄し、悠々と抜け出した後姿を消した。

使用武器:鞭

紹介ページはこちら

画家:ティア

私に…描いてほしいものとか…ある?

どこか気後れしている天才画家

色から感情を感じ、その感情を絵を通じて他人に伝えることができる。まるで生きているような絵を描き、ある絵は実際に動くこともある。

厳しい家の干渉を避け、子供たちに絵を描いてあげることが趣味だったが、ある日突然失踪した。

使用武器:バット

紹介ページはこちら

スーパー契約社員:フェリックス

目標は高く、行動は素早く!よし、行こうか!

生まれ育った村を愛する元気な少年。
現在は生計のために大学を休学してスーパーで働いている。
困ることがあれば、積極的に乗り出して解決しようとする正確なので、周りの評価が高い。

フェリックスは苦境に陥った町を守るために槍を上げ始めた。
悪い物が出回り、苦しむ隣人を見て、技術を身につけ、戦い始める覚悟を固めた。
彼はその時にルミア島を訪れることを決まっていたのかもしれない。

使用武器:槍

紹介ページはこちら

フィギュアスケーター:エレナ

私の番ですか?そうなんですね

将来が嘱望されるフィギュアスケーター。
氷の上の彼女の優雅な身振りは皆の注目を集めるのに十分だ。
冬に生まれたエレナは寒さを知らない人に見える。
時には氷よりも冷たい目つきを見せる。

エレナの運命は一瞬にして堕落したものではない。
徐々に、彼女が信じていた人々の黒い心と手によって彼女の運命は長い時間にわたって彼女を裏切った。

今エレナには生まれた季節より冷たい力だけが残っている。

使用武器:レイピア

紹介ページはこちら

シンガーソングライター:プリヤ

私の心が込められた演奏を皆に聞かせたいです。

プリヤの歌には神秘的な力がある。
植物が彼女のメロディーに従って成長する力だ。
そんな力を持ったプリヤは高い垣根の中に閉じ込められて生きてきた。
心の中の憧れとを抱えたまま。

プリヤにとって世界は見慣れない、興味深い場所だ。
危険だということを知りながらも彼女は無限の可能性にわくわくしている。
星空の夜になると、プリヤは自分の最初のファンだった祖母のことを思い出す。
プリヤは彼女の最後の言葉のように、すべての人の前で自由に歌う事を望む。

使用武器:ギター

紹介ページはこちら

占星術師:アディナ

運命より大事なのは、私達の意思です。

優しいアディナには並々ならぬ才能がある。
空の星、地上の出来事を読み取る目がその才能だ。
アディナは小さなカフェで香りの良いコーヒーと話術を提供している。
恐ろしいほど正確な占いも添えられて。

アディナはルミア島で必然と偶然を待っている。
ルミア島で、すごいことができると水晶玉に中の彼女の友達が教えてくれたから。
今夜も雲ひとつない空の星を見上げている。

※多分誤字……水晶玉の中にいる彼女の友達

使用武器:アルカナ

紹介ページはこちら

Posted by Asatamin