ナタポン

ステータス

価格5,290A-coin / 970NP
実装日2021/07/22
ロールマークスマン/メイジ
最終更新2022/09/20/

スキルセット

スキル効果
ナタポンT
スローシャッター(T)
ナタポンが使用するカメラは攻撃速度が固定されている代わりに、基本攻撃を行うと追加のスキルダメージを与えます。そしてナタポンの通常攻撃には致命打が発生しません。

ダメージ:10/30/50(+追加攻撃速度1%あたり0.2)(+スキル増幅の50%)

監視カメラと枝を調合して潜入効果を持った偽装カメラを製作できます。

偽装カメラ:設置後3秒で潜入状態になり、4mの範囲内で探知できます。
製作数量:2個
ナタポンQ
スナップ写真(Q)
持続効果
敵に基本攻撃かスキルでダメージを与えると被写体効果を付与します。
被写体効果はスタックし、1スタックごとにナタポンが与えるダメージが増加します。
被写体のスタックはナタポンの視界から消えると即時除去されます。

最大スタック数:3回
増加ダメージ:3/4/5/6/7%
持続時間:6秒

使用効果
ナタポンが指定した地域を撮影してスキルダメージを与えます。
被写体スタックが最大の敵には僅かな間スロウと攻撃速度減少を与えます。

ダメージ:50/90/130/170/210(+攻撃力の10%)(+スキル増幅の80%)
スロウ(0.85秒):99%
射程距離:8m
スキル効果範囲:長方形 2m * 1.5m
クールダウン:5/4.5/4/3.5/3秒
スタミナ消耗量:70
ナタポンW
タイムラプス(W)
ナタポンが低速撮影をするカメラを設置して、範囲内の敵に毎秒スキルダメージを与えます。該当位置の敵はスロウが入ります。
カメラの最後の撮影はの追加ダメージを与え束縛します。

毎秒ダメージ:15/35/55/75/95(+攻撃力の25%)(+スキル増幅の5%)
スロウ:30%
終了時ダメージ:70/100/130/160/190(+攻撃力の55%)(+スキル増幅の80%)
終了時束縛時間:2秒
射程距離:6m
スキル効果範囲:長方形 3m * 4m
クールダウン:18/16.5/15/13.5/12秒
スタミナ消耗量:100
ナタポンE
インスタントフォト(E)
ナタポンがフレームを発射して、命中した敵にスキルダメージ(1打目)とスロウを与えます。
フレームを当てるとその位置に刻印を残し、 1.5秒後から3.5秒間ナタポンは基本攻撃からフレームを当てた敵にスキルダメージ(2打目)を与え、刻印を残した位置に戻します。
このとき、フレーム当てた敵に限って攻撃射程距離が10mまで増加し、スローシャッターの追加ダメージが適用されます。
刻印を当てた敵をノックバックさせたり、その敵が刻印から8m以上離れると刻印が消えます。

1打目ダメージ:20/40/60/80/100(+攻撃力の10%)(+スキル増幅の35%)
スロウ(1秒):50%
2打目追加ダメージ:20/40/60/80/100(+攻撃力の10%)(+スキル増幅の35%)
射程距離:8m
投射体の幅:1.2m
クールダウン:15/14/13/12/11秒
スタミナ消耗量:50
ナタポンR
シャッターチャンス(R)
ナタポンがタイマーを設定し、1秒後に範囲内のすべての敵を撮影します。
撮影した対象は間無敵状態になる代わりに行動ができなくなります。
撮影した敵に即時被写体スタックを付与します。

無敵時間:2.5秒
付与スタック数:3
射程距離:10m
スキル効果範囲:円形 3m
クールダウン:80/70/60秒
スタミナ消耗量:120/110/100
発生ディレイ:1.35秒
スキル効果
カメラ武器スキルD
フラッシュ(D)
フラッシュを使用してスキルダメージを与えます。
自分を見ている敵は追加スキルダメージと視界が減少します。

ダメージ:80/160(+攻撃力の 50/100%)(+スキル増幅の30/40%)
追加ダメージ:100/200
視界減少:2.0秒
スキル効果範囲:扇形 4m(内角100度)
クールダウン:30秒

武器関連ステータス

武器装備時ステータス

武器熟練度ボーナス

モード別補正値

スキル紹介

スキル効果
ナタポンT
スローシャッター(T)
攻撃速度が遅い代わりに基本攻撃に高いスキルダメージが乗る。
おかげで動物狩りは武器ができていなくても楽にできる。
偽装カメラも見つけづらく、スクアッドなどでも生きやすい。
ナタポンQ
スナップ写真(Q)
スキル自体は小さな範囲にダメージ、クールダウンが短く細かく使うスキルという印象だけれど、持続効果が中々良い味出している。
スタックが貯まる毎に与えるダメージが増えていくので、ずっと視界に入れたまま戦うことができれば、かなり良いダメージを出すことができる。
夜は天敵。
ナタポンW
タイムラプス(W)
持続的なダメージとスロウを与えつつ、最後には束縛もある。最後の束縛は現状最長クラス。
Eと合わせればかなりの間敵を拘束できる。
ナタポンE
インスタントフォト(E)
敵をスキルが当たった位置に戻す事ができる特殊なスキル。起爆には基本攻撃が必要なので、タイミングに注意。攻撃速度が遅いので、タイミングがずれると機能しなくなる。
Wと合わせたい。
ナタポンR
シャッターチャンス(R)
使い方次第で神にもゴミにもなれる。
タイミングを合わせると、敵が無敵中に足元に罠を設置して、無敵解除と同時に起爆が可能。
行動妨害耐性を持つ状態の敵には効かないので注意。

スキルオーダー

基本攻撃型
R>T>Q>W>E
R>Q>T>W>E

スキル攻撃型
R>Q>W>E>T
R>T>Q>W>E

コンボ

・WE…AA
Wの最後のダメージタイミングにEで引き戻して無理やり束縛を与える

QAA

パパっと2スタック

・WEAAQDAA

現在発生しているバグ

未確認。

実験体特徴

パッチ0.37.0時

ダメージこそあるものの、自衛能力が乏しいカメラマン。
ソロで活かすのは大変難しく、チーム戦向きではあるものの、移動スキルが無いので1ミスでチームの脚を引っ張ってしまう。

Rも使い方によっては敵を助けることにもなってしまい、難しい。
非常に習熟度が必要な実験体の1人。

実験体自体の性能はわかりやすいので、いつ、どのタイミングでスキルを打つのかなどを見極める必要がある。

相性の良いレア装備品

準備中。

相性の良い特性

吸血鬼

スキルの手数が多いのでそれなり簡単に発動できる。

不壊

耐久面の弱さをカバーできる……かもしれない。

プレイ動画

スキン

通常ナタポン

価格 デフォルト
実装日 2021/07/22
局地探検ナタポン

価格 1,075NP
実装日 2022/01/20

俺のカメラでこの美しい風景を全部収められるかな。

小ネタ

  • 富○フラッシュ!
  • 新規実験体が出る度にサンプル画像のどこかしらにいた。
  • 実装からずっとバフされ続けているが、これといって話題にならない。
  • シーズン3にて、唯一ソロエタニティ帯で使っているプレイヤーがいなかった実験体。
    (デミゴット帯にも3人くらいしか使用者がいなかった)
コンセプトアート

本家紹介文

ナタポン・リアムライ / 24歳 / 男 / タイ / 写真作家

みんな、何かのために旅をするんだ。そうだろう?

絶えずシャッターを押し続ける。足の向くままに旅をする放浪写真家。

非常に楽天的で、適応力も高いが、他人と深く関係を持ちたがらない。

眠りから目覚めた時はいつもカメラのアルバムを開いてずっと写真を見つめる。
何かを失ったかのように。

ER紹介文

紹介文に変更なし。

キャラクターTips

ナタポンが信じられるのは記録と写真だけですが、誰かがそれらを操作したらどうなるのでしょう?その誰かがナタポン自信なら?
ナタポンは記録した事実さえ忘れる場合を備えて、いつも手の届くところにカメラとメモ帳を置いて過ごしています。

コマンド台詞

Ctrl+1旅をするのは楽しい。経費を使い切るまではな。
Ctrl+2たまには、記憶を忘れることが楽なときもあるんだ。人の誕生日を忘れたときとか。
Ctrl+3かっこいいポーズ、お願いします!
Ctrl+4写真、一枚だけ撮ってもいいか?
Ctrl+5俺は武器がないんだ! 降参!
Ctrl+6(笑う)

直近の変更点

変更履歴

パッチ0.67.0b時

ナタポン

  • スクワッドモードで与えるダメージ量 100% → 97%

パッチ0.67.0時

ナタポン

  • カメラ武器熟練度レベル比例スキル増幅 5.3% → 4.7%
  • 基本防御力 25 → 28
  • スローシャッター(P)
    • 基本ダメージ量 10/30/50(+追加攻撃速度1%あたり0.2)(+スキル増幅の45%) → 10/30/50(+追加攻撃速度1%あたり0.2)(+スキル増幅の50%)
  • スナップ写真(Q)
    • ダメージ量 35/75/115/155/195(+攻撃力の20%)(+スキル増幅の75%) → 50/90/130/170/210(+攻撃力の10%)(+スキル増幅の80%)
  • インスタントフォト(E)
    • ダメージ量 10/30/50/70/90(+攻撃力の20%)(+スキル増幅の30%) → 20/40/60/80/100(+攻撃力の10%)(+スキル増幅の35%)
    • 再使用ダメージ量 10/30/50/70/90(+攻撃力の20%)(+スキル増幅の30%) → 20/40/60/80/100(+攻撃力の10%)(+スキル増幅の35%)

ナタポン

  • デュオモードで与えるダメージ量 106% → 102%
  • スクワッドモードで与えるダメージ量 103% → 100%

パッチ0.66.0b時

ナタポン

  • タイムラプス(W) クールダウン 20/18.5/17/15.5/14秒 → 18/16.5/15/13.5/12
  • インスタントフォト(E) クールダウン 16/15/14/13/12秒 → 15/14/13/12/11

パッチ0.66.0時

ナタポン

  • カメラ武器熟練度レベル比例スキル増幅 6.3% → 5.3%
  • スローシャッター(P)
    • 基本ダメージ量 10/30/50(+追加攻撃速度1%あたり0.2)(+スキル増幅の55%) → 10/30/50(+追加攻撃速度1%あたり0.2)(+スキル増幅の45%)
  • スナップ写真(Q) 後ディレイ 0.26秒 → 削除
  • ナタポン
    • デュオモード与えるダメージ量 114% → 106%
    • スクワッドモード与えるダメージ量 109% → 103%

パッチ0.65.0d時

  • アデラ、アレックスとすべての基本攻撃が遠距離型の実験体 最大体力+40、レベル比例最大体力+4
  • その他すべての基本攻撃が近距離型の実験体 最大体力+50、レベル比例最大体力+5
  • すべての実験体 防御力+2

パッチ0.65.0c時

ナタポン

  • スローシャッター(P)
    • 基本ダメージ量 10/30/50(+追加攻撃速度1%あたり0.2)(+スキル増幅の35%) → 10/30/50(+追加攻撃速度1%あたり0.2)(+スキル増幅の55%)

パッチ0.65.0a時

カメラ

  • ナタポン: スキル増幅 4.2% → スキル増幅 6.3%

パッチ0.65.0時

  • 今まで使われてきたスキル増幅の係数はすべて削除されます。
  • すべての実験体の移動速度一括+0.05
  • 最小攻撃速度が0.625に設定されます。攻撃速度を計算する時は基本攻撃速度で計算され、最終的に計算した数値が最小攻撃速度より低い場合のみ補正されます。
  • 今まで使われてきたスキル増幅の係数はすべて削除され、新しいスキル増幅係数に代替されます。

ナタポン

  • スローシャッター(P)
    • 基本ダメージ量 10/30/50(+追加攻撃速度1%あたり0.2)*(キャラクターレベル*1/3/5) → 10/30/50(+追加攻撃速度1%あたり0.2)(+ スキル増幅の35%)
  • スナップ写真(Q)
    • ダメージ量 20/55/90/125/160(+攻撃力の30%)(+スキル増幅の 40%) → 35/75/115/155/195(+攻撃力の20%)(+スキル増幅の75%)
  • タイムラプス(W)
    • 毎秒ダメージ量 15/25/35/45/55(+攻撃力の40%) → 15/35/55/75/95(+攻撃力の25%)(+スキル増幅の5%)
    • 最後のダメージ量 60/85/110/135/160(+攻撃力の80%)(+スキル増幅の20%) → 70/100/130/160/190(+攻撃力の55%)(+スキル増幅の80%)
  • インスタントフォト(E)
    • ダメージ量 10/30/50/70/90(+攻撃力の30%) → 10/30/50/70/90(+攻撃力の20%)(+スキル増幅の30%)
    • 再使用ダメージ量 10/30/50/70/90(+攻撃力の30%) → 10/30/50/70/90(+攻撃力の20%)(+スキル増幅の30%)
  • シャッターチャンス(R)
    • 後ディレイ 0.26 → 削除

カメラ

  • ナタポン : スキル増幅 3.2% → スキル増幅 4.2%

フラッシュ(カメラ)

  • 1レベルダメージ量 : 80(+攻撃力の50%) → 80(+攻撃力の50%)(+スキル増幅の30%)
  • 2レベルダメージ量 : 160(+攻撃力の100%) → 160(+攻撃力の100%)(+スキル増幅の40%)

パッチ0.64.0時

  • ナタポン 
    • デュオモード与えるダメージ量 112% → 114%
    • スクワッドモード与えるダメージ量 107% → 109%

パッチ0.63.0時

  • ナタポン 
    • スクワッドモード与えるダメージ量 103% → 107%

パッチ0.62.0d時

コバルトプロトコル

  • ナタポンカメラ使用時
    • 与えるダメージ量 100% → 97%

パッチ0.62.0時

ナタポン 

すべてのモードでうまく活用できないナタポンの威力を強化します。

  • 武器熟練度レベル比例スキル増幅 3% → 3.2%
  • スナップ写真(Q)被写体3スタック対象移動速度減少持続時間 0.7秒 → 0.85秒

パッチ0.61.0時

  • ナタポン 
    • スクワッドモード与えるダメージ量 101% → 103%

パッチ0.60.0時

ナタポン 

すべてのモードでうまく活用されていないナタポンのスキル威力をバフします。

  • スナップ写真(Q) ダメージ量 10/45/80/115/150(+攻撃力の 50%)(+スキル増幅の 20%) → 20/55/90/125/160(+攻撃力の 50%)(+スキル増幅の 40%)
  • ナタポン
    • デュオモード与えるダメージ量 110% → 112%

パッチ0.59.0時

実験体一括適用

  • すべての実験体レベル比例防御力0.3増加

パッチ0.58.0c時

すべての実験体防御力3増加

パッチ0.58.0b時

すべての実験体最大体力20増加

パッチ0.58.0時

ナタポン

  • スローシャッター(P)ダメージ量 10/55/100(+攻撃速度の 20%) → 10/30/50(+攻撃速度の 20%)(+キャラクタレベル*1/3/5)
  • スナップ写真(Q)ダメージ量 10/50/90/130/170(+攻撃力の 40%) → 10/45/80/115/150(+攻撃力の 50%)(+スキル増幅の 20%)
  • タイムラプス(W) 最後のダメージ量 60/85/110/135/160(+攻撃力の 80%)(+スキル増幅の 20%)

パッチ0.57.0時

ナタポン

交戦が長くなる時にインスタントフォトをもう一度使う余地を増やします。

  • インスタントフォト(E) クールダウン 20/18.5/17/15.5/14秒 → 16/15/14/13/12秒

パッチ0.56.0時

  • ナタポン カメラ使用時
    • デュオモードで与えるダメージ量 106% → 110%

パッチ0.54.0時

ナタポン

投射体判定がもっと直感的に変更されます。

  • インスタントフォト(E) 投射体がナタポンの前で発射されるように発射位置が調整されます。

パッチ0.51.0c時

遠距離実験体最大体力 +30(ただし、アデラ、アレックスは遠距離と同じように調整されます。)

パッチ0.51.0時

  • すべての実験体攻撃力 10、移動速度 0.05 上昇
  • 遠距離実験体体力再生とレベル比例 体力再生 1.5倍に増加 (+50%) 

ナタポン

  • シャッターチャンス(R) クールダウン 100/80/60秒 → 80/70/60秒 

カメラ

  • 武器熟練度 レベル比例
    • スキル増幅 3.3% → 3%
    • 視界 0.1 (新規)
  • 全ての遠距離実験体(アデラ、アレックスは遠距離と同じように調整されます。)
    • デュオモードで与えるダメージ量 +6%
    • スクワットモードで与えるダメージ量 +3%

パッチ0.47.0時

ナタポン

ゲーム序盤、対応できない過度な威力をナーフします。

  • スローシャッター(P) ダメージ量 40/80/120(+追加攻撃速度の 20%) → 10/55/100(+追加攻撃速度の 20%)
  • スナップ写真(Q) ダメージ量 70/90/110/130/150(+攻撃力の40%) → 10/50/90/130/170(+攻撃力の40%)
  • シャッターチャンス(R) クールダウン 120/90/60秒 → 100/80/60秒

パッチ0.45.0時

全実験体一括調整

熟練度調整に合わせて最大体力とスタミナ再生を一括調整します。その後の実験体の個別調整は一括調整後の基準です。

  • 近距離 武器使用実験体 基本体力 +20, レベル比例体力 +3
  • 遠距離 武器使用実験体 基本体力 +12, レベル比例体力 +2
  • レベル比例スタミナ再生 -0.05

ナタポン

シャッターチャンスがもう少し早く発動します。

  • シャッターチャンス(R) 先ディレー 1.5秒 → 1.35秒
  • ナタポンカメラ使用時
    • デュオモードで与える ダメージ量 97% → 100%
    • スクワットモードで与える ダメージ量 95% → 98%

パッチ0.44.1時

実験体一括適用

  • 全ての実験体レベル比例スタミナ再生 +0.05

パッチ0.44.0時

実験体一括変更

移動速度と体力に対する熟練度効果の一部を実験体基本能力値に移転します。

  • 基本移動速度が0.25増加します。
  • レベル比例追加最大体力がバフします。
    • 近距離 武器使用実験体: +10
    • 遠距離 武器使用実験体: +6

パッチ0.43.0時

ナタポン
ゲーム初・中盤、ナタポンがシャッターチャンス(R)をもっと気軽に使えるように調整します。

  • シャッターチャンス(R) クールダウン 160/110/60秒 → 120/90/60秒
  • フラッシュ(D) 視界 減少時間 1.5秒 → 2秒

ナタポン カメラ使用時

  • デュオモードで受けるダメージ量 100% → 97%
  • スクワットモードで受けるダメージ量 97% → 95%

パッチ0.42.0時

移動速度
移動熟練度の特典を減らし、登山靴等級を変更して「熟練度作業」の効用を下げ、後半部の戦闘回避能力をナーフします。

  • (実験体一括) 移動速度 +0.05
  • 移動熟練度レベル比例非戦闘移動速度 0.01 (削除)

ナタポン
ナタポンのゲーム序盤・中盤ユーティリティー能力をバフします。

  • シャッターチャンス(R) クールダウン180/120/60秒 → 160/110/60秒

パッチ0.41.0時

ナタポン
ゲーム序盤を除くと、よくない成績を見せているナタポンの体力をバフします。

  • 最大体力 620 → 645
  • レベル比例体力 61 → 63

パッチ0.40.0時

ナタポン
インスタントフォト(E)のスキルレベルが上がってもメリットがなく、消耗スタミナだけ増加する部分を修正し、スキル連携を効果的した時の報酬を高めます。

  • タイムラプス(W) 最後のダメージ量 60/80/100/120/140(+攻撃力の 80%) → 60/85/110/135/160(+攻撃力の 80%)
  • インスタントフォト(E)
    • スタミナ消耗 50/60/70/80/90 → 50
    • クールダウン 24/23/22/21/20秒 → 24/22/20/18/16秒

パッチ0.38.1時

移動速度 +0.05

パッチ0.38.0時

ナタポン
ナタポンはゲームの序盤には強い姿を見せますが、後半になるとその強さを失ってしまいます。成長能力値をバフする代わりに、強力な姿を見せているデュオ/スクワッドモードでダメージ補正を強化します。

  • A-Coin価格を調整します。(9,900 →8,020)
  • 成長攻撃力 2.4 → 2.6
  • 成長防御力 1.8 → 2.1
  • スナップ写真(Q) 被写体3スタック状態で命中時
    • 移動速度減少 0.3秒 → 0.7秒
    • 非常に短い時間の間、攻撃速度が減少します。