非公式チュートリアル

エターナルリターンはMOBA系のバトルロワイヤルゲームという難しいに難しいを重ね合わせたとんでもないゲームです。

がんばって説明することを試みていますが、それも難しいことをご了承ください。

加筆修正予定。
わからない部分募集中。

使う実験体を決める

最初にこれから使う実験体を決めておきましょう。
覚えることが実験体によっても違い、求められる知識量が多いため、1人か2人に絞るのをおすすめしています。

基本的に見た目が好みの実験体を選んで使い続けても問題ありません。
それぞれの実験体に得意な動き方や戦法が存在し、それを掴むことができればどんな実験体でも勝てます。

ゲーム画面右下のゲーム開始から『練習モード』を選択して好きな実験体を動かしてみましょう。
『練習モード』ではすべての実験体を使うことができます。ここで見た目+操作感が自分に合っているなと思える実験体を見つけましょう。

見た目では決められないという方などのために、いくつか紹介を挟みます。

MOBA系初心者向け

まず、こういった見下ろし系でマウス&キーボード操作のゲームをしたことが無い方は、操作がシンプルな実験体がおすすめです。

どちらの実験体も操作がシンプルで扱いやすい部類なので、すぐ慣れて他の事に余裕を回せます。特にヒョヌは装備が適当でもある程度戦えるので、ゲームに慣れるにはかなり楽な実験体です。

キャッシーはヒョヌと比べればやや難しいですが、他の実験体よりはかなり操作が楽なタイプです。
エタリタの女性キャラは総じて難易度が高いので、女性キャラしか使いたくない! という方はまずキャッシーを使いこなしてみることをおすすめします。

MOBA経験者向け

すでにMOBAを経験していて、操作に特に違和感がない人であれば少し癖のある実験体でも大丈夫かもしれません。

雪とフィオラは比較的後半寄りのパワーを持った実験体です。
スキルはシンプルなのですが、それ故に上手く使わないと勝ちづらい実験体です。
逆に言えば操作がうまくできればだいたいの実験体に勝てるので、自分の技量だめしにぴったりです。
雪はチュートリアルを行うことで貰えるのも良いポイントです。

この2人は言わば特殊勝利を持っている実験体です。
シウカイは『回復アイテム』を作りまくると勝てる実験体で、ナディンは中立クリープをとにかく食べ続けると勝てる実験体です。

回復アイテム作りと中立狩りはどの実験体でもほぼ必ず行う行為ですが、それを重点的に覚えられる実験体になっています。

今後他の実験体に移ったとしても、覚えた知識が無駄にならない実験体です。

おすすめしない実験体

この2人は特に操作が難しい実験体になっている上、他の実験体に培った操作技術を活かしづらいです。
この実験体に一目惚れしてずっと一途になります! という方以外は最初に使うことをおすすめしません。

操作もかなり難しいのですが、覚える事が他の実験体よりも多いです。
かなり玄人向けの実験体なので、一目惚れ(以下略)した方以外にはおすすめできません。

実装から全く強いと言われたことがなく、参考にできる上手いプレイヤーが少なく、さらには難しいです。
現状(パッチ0.44.0時)いろんな意味で一番難しい実験体だと思います。

始めたてならまずはソロモードで基礎を学んでいったほうが良いのですが、このヨハンは完全チームモード向けです。
ソロでは他プレイヤー戦うことどころか中立MOBとの戦闘すら怪しいので、最初に使うのは絶対におすすめしません。

使う実験体が決まったら

好みの実験体は見つかったでしょうか。
おすすめしないと書いている実験体でも愛さえあればどうにかなります。

自分の気持ちへ正直に使いたい実験体を選びましょう。

さて訓練を行うことで、2人の実験体と9,000A-Coinが手に入ります。
2番の訓練だけは行って9,000A-Coinだけは手に入れておきましょう。
内容に関しては雰囲気だけ覚えてもらえれば大丈夫です。後でより細かくお伝えしていきますので。

A-Coinは実験体を解禁するのに使えます。
新規実装の実験体以外は必ず購入できるほどのA-Coinは貰えているのでご安心ください。

ただまだ実験体を解禁するのは早いです。
まずはちょっとだけ座学の時間です。

試合で戦っていくのに必要なもの

エタリタでは戦うにはそれなりの準備が必要です。
簡単にまとめるなら以下の3つです。

・装備
・回復アイテム
・熟練度(経験値)

この3つの要素をとにかく強くしていくのがこのゲームの根幹になります。
これが前提条件であり、そこからプレイヤー同士の技量が出てくる戦いになります。

装備の必要

例えば某FPSバトロワであれば『銃を拾って』戦えますよね。
もちろん回復や弾を拾う事も大切ですが、銃を拾えば相手を倒すことができます。
(なんなら最悪殴り倒しにいきますよね)

ですがエタリタでは『アイテムを拾って』『装備を作って』ようやく戦えます。少なくとも2つ行為が必要なんですよね。

理由は 『アイテムを拾って』『装備を作って』 からでないと、相手を倒すことができないのです。
装備が無い状態で頑張って攻撃し続けても、初期配布のパンを食べられればほぼ無傷に近い状態で無視できますし、加速境界で逃げ切られることもあれば、最悪テレポートでどこかへいなくなられます。

そうなった時に起こるのは、何もかも貧弱な自分時間をかけて装備や回復を整えた他のプレイヤーが同じゲーム内に存在することです。
そんな状態になれば、もう勝てる確率は0に等しいでしょう。

また、戦闘をしかけられても装備が完成していなければ簡単に倒されてしまいます。
ソロモードなら、倒される=負けのゲームなので、簡単に倒されないようにするためにも装備を作る必要があります。

相手を倒せるように、自分が簡単に倒されないようにするために、装備を完成させることは大切なのです。

回復アイテムの必要性

またいくら装備を作ったからといっても『回復アイテムを作って』おかないと相手も装備を作って、回復アイテムも作っていた場合、反撃されて倒されます。

エタリタでの回復アイテムはゆっくりと持続的に回復するタイプで戦闘中でも使用することができるので回復アイテム=体力なのです。
ある程度しっか用意しておかないとまず戦闘に勝てないと思ったほうがいいです。

戦闘でしっかり勝ち切るには、回復アイテムも必要になってきます。

熟練度(経験値)の必要性

このゲームは行動すべてに熟練度が発生します。
熟練度とは他のゲームで言う経験値で、この熟練度を稼いで実験体を強化していくことができます。

この強化していくというのは実験体のレベルだけではありません。

実験体の行動から得られる熟練度は行動別に各熟練度レベルへ振り分けられていきます。

例えば誰かを攻撃したら武器熟練度(この画像で言うとグローブ)が稼がれ、何かを作れば制作熟練度が稼がれ、移動をしていけば移動熟練度が稼がれます。
そしてそれぞれの熟練度が一定値以上貯まるとその熟練度レベルが上がり、ステータスにボーナスがもらえます。

武器熟練度となら攻撃速度や与えるダメージが上がり、制作熟練度ならアイテムの性能強化、移動熟練度なら移動速度が上がっていきます。
この細かいボーナスを含めて、熟練度を稼いでいかなければいけないのです。

この中でも重要なのは武器熟練度です。
武器熟練度は与えるダメージ量に直結してくる上、武器スキル取得にも関係してくるため最優先で稼ぎたい熟練度です。
武器熟練度に差がついてくると、ダメージ交換が成り立たなくなり、装備の強さなども関係なくなってしまうので頑張って稼ぐ事が大事になってきます。

このゲームを簡単にまとめると?

装備を作って、回復アイテム作って、熟練度稼いで生き残るゲームです。
これらの行動をいかに素早く効率的に行っていくかがこのゲームで上手くなる方法に1つです。

ルートを決める

装備を整えると言っても、600近くあるアイテムとそれを組み合わせるレシピを覚えるのはあまりにも大変です。
なので予め作るものを設定して、試合内で拾う物や作る物をアシストする『ルート』という機能があります。

ルートとは?

ルートとは試合の中で作る装備のレシピをまとめたものになります。
こうして事前に通るルートを設定しておいて、試合中での思考の負担を減らすのです。

①完成図
このルート通りにアイテムを集めればこれが完成するよ、という部分です。

②ステータス
完成図の装備たちから貰えるステータスです。

③必要素材
完成図の装備たちを作るのに必要なアイテムとその個数です。

④マップ
このルートで行くべき地域の順番です。

ルートは貰うもの

ただ何も知識もない状態で「さぁルートを組んでみましょう」は鬼畜の所業です。
なのでルートは貰ってしまいましょう。

ルートから使いたい実験体を選んで、ルート検索を選びましょう。

するとプレイヤーが投稿したルートが色々でてきます。

とりあえずサムズアップマークがたくさんついていて評価の高いルートを適当に選んで『ルート読み込み』をすれば、選んだルートが自分の所持ルート一覧に追加されます。

ルート選びの注意事項

ただ注意してほしいのは、ルートには当たり外れがある点です。

ルートはこうしてタブを選ぶ事でルート作成者が書いた説明やスキル取りの順番、実験体相性などが書いてあるのですが、当然無いものも存在します。

なのでせめてスキル取りの順番くらいは書いてあるものにした方が良いです。
スキル取りの順番は『スキル説明』のタブに書いてあります。

また、必要アイテム欄もしっかり確認する必要もあります。

アイテム欄をよく見るとマップを順番通りに進んでも完成しないように作られているものやレア素材前提の装備になっている場合があります。

↑はアイテムが足りないおもらしとレア素材を求められる図。
レア素材一覧

ルートのアイテム一覧の下の方を見て、必要アイテムが余っているものやレア素材を求められているものは選ばないようにしてください。

前者はアドリブを要求されているので始めたての頃には難しいこと、後者もレア素材強奪戦争を要求されているので始めたての頃には難しいです。

普通の素材で、道順通り動いてアイテムを集めれば装備が完成するルートを選びましょう。

よくわからないルートを使いたくない場合

コミュニティで聞いてルートを貰いましょう。
自分が始め立てであることと、使うモード(今回はソロ)を言えば誰かしら作ってくれるはずです。

装備製作の練習

ルートを読み込んだら、次は練習モードで装備製作の練習です。

実際に実験体を選んで、ルートを選んで実際に装備を作ってみましょう。
特性は今は気にしなくても良いです。

実際に地域を回って、ルートに設定してある装備を全て完成させてみてください。
地域間の移動はハイパーループを使うと長距離でもすぐに移動できます。

各エリアで拾う物は画面右側に出してくれています。
このアイテムを優先して拾ってください。それ以外は装備製作の邪魔なので、基本的に拾いません。

拾うアイテムにはアイテムの左上に三角マークがついています。
これを拾ってください。

また、拾っていった場合、自分のアイテムスロットの上に作れるものが表示されます。
これもアイテムも左上に三角マークがついているものを作ってください。
それ以外のアイテムはその時偶然作れるものであって、装備に必要なものではありません。

そのエリアで必要な全てのアイテムが揃った場合、必要なアイテムのアイコンが暗くなりピロン♪みたいな音がなるので、次のエリアに向かいましょう。
それを繰り返していけば装備は完成するはずです。

必要アイテムの中には、皮や枝、石といったアイテムが必要な場合があります。
これらのアイテムはどのエリアでもある程度拾えるので、必要になったら拾うものです。
最初から持っておこうとするとアイテム欄が圧迫されて取捨選択を迫られるので注意です。
(皮は他プレイヤーに取られて拾えないこともあるので、自分専用の皮ポジションを決めて置くと楽かも)

実験体によっては製作しているだけでスタミナが切れてくる実験体もいます。
そうなった時用に飲み物アイテムを余分に拾って適宜消費することで、よりスムーズに製作を進められます。

とりあえずなんとなく何を拾って、何を作っていけばいいのかわかったら、次はタイムアタックをしてみましょう。
装備をどれだけ早く完成させられるかは実戦でもかなり重要になります。

最初のうちなら2日目昼までに完成できれば上々だと思います。
目標は1日目夜に入った直後くらい。それぐらいに完成させられればランク戦でも余裕で通用できます。

もし中々目標の時間通りに完成しないなと思ったら、こちらを記事に軽く目を通してみてください。

ルートでカバーはできなくても、漁り方でなんとかなるかもしれません。

回復アイテムレシピを少し覚える

装備製作に余裕ができてきたなら、装備製作ついでに作れる回復アイテムを覚えましょう。

覚えやすいものでいうと初期配備のパン派生のアイテム。

・ハンバーガー
肉とパンを組み合わせるだけでできます。
回復量も中の上くらいあるので、戦いやすいと思います。
難点としては作れる個数が少ないことです。

・酒蒸しパン
初期配布の水にアルコールを混ぜて焼酎をつくり、それをパンと混ぜることでできます。
戦いが可能な最低ラインの回復量を持ってる上、アルコール一つ拾うだけで4つ作れます。
難点は最終盤の回復としては弱い事。あくまでも序盤戦うための回復になります。
注意点として、装備で水を使うこともあるので、酒蒸しパンを作って装備が作れない、なんて事にならないようにしてください。

モカブレッド
アルコールとコーヒーを拾ってコーヒーリキュールを作り、それを初期配布のパン2つと混ぜるだけで4つ作れます。
回復量としてもかなり優秀で、終盤まで十分使えます。
難点としては作りやすく強いため、人気です。後で作ろうとしても素材が拾いにくいです。

・箱入りチョコパイ
チョコを2つ拾ってパンと混ぜてチョコパイを作り、それをダンボール2つと混ぜれば箱入りチョコパイが4つできます。
回復量として優秀で、終盤まで十分使えます。
難点としては拾うアイテム、特にダンボールがアイテムスロットを圧迫するため、装備製作途中だと大変かもしれません。

ルートで作れる回復アイテムをまず覚える

上で書いた回復アイテムの中で作れるものを1つでいいので覚えてみましょう。
装備製作中にこれらどれかを作りながら動けたなら、すぐ戦闘に移れる準備になります。

装備製作練習に追加で回復アイテムを作れるようになれば完璧です。

AI戦の行う前に

ルートに沿ってある程度装備が完成できるようになって、回復アイテムも用意できるようなら、AI戦に乗り込みます。
AI戦では実験体の操作やゲームの感覚を掴む程度のものだと思ってください。

けどその前に少しだけ装備について豆知識を。
自分が今使っている装備がどんなダメージの出し方をするのかくらいは知りたいですよね。

ダメージの出し方

ダメージの出し方は大きく分けて2つです。
基本攻撃とスキル攻撃です。

基本攻撃は敵を右クリックすると実験体が行う自動攻撃で、
スキル攻撃はQWERのキーを押すと発動できる攻撃になります。
(武器熟練度が7になれば、Dキーも使って武器スキルも使えるようになります。)

基本攻撃追加ダメージや致命打確率、攻撃速度などのステータスが多く積み込まれている装備だったなら基本攻撃型なので、基本攻撃8割スキル2割くらいの気持ちで戦います。

スキル攻撃追加ダメージやスキル増幅、クールダウン減少などのステータスが多く積み込まれている装備であればスキル攻撃型なので、スキル8割基本攻撃2割くらいの気持ちで戦いましょう。

ただ例外としてスキル攻撃型だけど基本攻撃も挟む実験体が存在します。

https://asatamin-eternalreturn.com/2021/07/27/cathy/
スキル攻撃→基本攻撃→スキル攻撃→基本攻撃を繰り返すタイプ
基本攻撃の4回目にスキルダメージが乗る。
スキルの後の基本攻撃が強化。強化された基本攻撃をするとスキルのクールダウンが短くなる。

この3人はスキル型でも基本攻撃を使うタイプなのでご注意ください。

難易度ノーマルで動物狩り練習

優勝を目指してみましょう。
装備を完成させたら最後の一人頑張ってみましょう。

試合を進めるとなってくると装備製作と回復制作の他に、野生動物狩りを行う必要が出てきます。

何故狩りを行うのか

各地域には決まった場所に決まった動物が配置されています。

狩りを行う理由の大半は武器熟練度を稼ぐためです。

武器熟練度はしっかり稼ごうと思うと敵実験体を攻撃しなければいけません。
ただ敵実験体を攻撃すると当然反撃されたりして体力を削られる可能性も出てきます。
そのまま倒されてしまえば試合終了ですし、生き残ってもどこからかまた別の敵がやってくればそれもまた試合終了です。

一度体力が0になったら負けなゲームにおいて、戦闘はリスクが高いですよね?

でも武器熟練度を稼がなければその戦闘で勝ちづらくなる。
そこで狩りなのです。

動物を倒すことで少量の武器熟練度を獲得できます。
動物は一部を除いてそこまで強くないため、安全に武器熟練度を稼ぐことができます。

動物は倒してから一定時間で湧き直すので、見つけたら狩って、時間になったら戻ってきてまた狩る……みたいな行動をすると効率よく狩りができます。

※注意
装備が完成しないまま倒すのに時間のかかる動物(イノシシやクマ)などを倒すのは危険です。
装備完成速度が遅れ、装備完成したプレイヤーに襲われる危険が高まります。
ニワトリやコウモリ程度なら武器が完成した後ですぐに倒せるので、歩いている途中にいたら倒しても構いませんが、それだけさっさと倒す事ができないのなら無視して装備を優先するべきです。

装備は絶対に必要なもの、野生動物はお小遣いで買えるおやつ程度の認識が近いです。
おやつにうつつを抜かして必要なもの忘れてはいけません。

簡単なゲームの流れ

装備を全身完成させるまで作る → 戦える敵実験体探しながら動物狩り → 戦える敵実験体と勝負

本当にざっくりまとめるならこんな感じです。

間にアルファ・オメガやウィクライン、装備を強いものに更新するといった要素が入ったりもしますが、慣れてきたら覚えればいいと思います。

装備が完成してやることがわからなくなったら、武器熟練度を稼ぎにルミア島を走り回ってください。

武器熟練度レベルは操作している実験体の上に書かれています。
この数字を14にすることを目標にしてみましょう。

武器スキルのレベルが2になって、ダメージが足りないという事もなくなる武器熟練度レベルです。

ちょっとだけ戦闘も練習

AIは少しおバカなので、複数人に攻撃すると一斉に襲ってきます。
どんなに装備が整っていても3~4人に殴られると流石に勝てないので気をつけてください。

エタリタでの戦闘は回復アイテムを使いながら戦うのが基本です。
戦闘するなと思ったら体力回復アイテムを1つ食べながら戦う癖をつけておきましょう。
ノーマルなら恐らく食べなくても勝てると思いますが、この癖をつけておかないと対人戦でまず勝てないので必ず癖付けておきましょう。

優勝できたりそこそこ戦えたなと思ったら次に行ってみましょう。
もし勝てないなと思ったら、しっかり攻撃を当てられるように操作慣れしたり、休憩を使って体力を常に満タンにして戦うように意識してみましょう。

ハードで軽く戦闘練習

難易度ハードでは最初こそノーマルとそこまで変わりませんが、人数が少なくなってくると唐突に敵の装備がめちゃくちゃ強くなります。
全身レア素材装備で固めた化け物が出てくることもよくあります。

装備の差というのは戦闘に大きく影響しますので、その感覚を気持ちだけでも掴めると良いと思います。

ハードでも優勝できるようになってくるなら、もう実戦を行っても問題ないと思います。

対人戦へ

敵がAIから人に変わっただけでやることは変わりません。
装備を作って、回復を用意して、最後の一人になるだけです。

ここから先は学びと試行錯誤の繰り返しになります。
試合内でどう動いたほうが効率が良いか、装備はどれが一番良いのか、どの実験体と戦えば簡単に勝てるのか。このスキルはこの角度なら当てやすい、この移動スキルはこの壁を超えれる、など本当にたくさんの覚えることがあります。

日本語の情報は本当に少なく、調べるのは大変ですが頑張ってください。
極力急いでこのサイトもあらゆる情報が調べられるようにがんばります。

優勝するために意識していくもの

ウィクライ

3日目夜に研究所の下町側から出現する強力なNPCです。
倒すことで強力なバフとレア素材を獲得できます。

ウィクラインの挙動についてはこちら。

アルファ・オメガ

アルファはミスリル、オメガはフォースコアを落とすNPCです。

アルファはそうでもないですが、オメガはこちらを簡単に倒してくるくらい強いです。
その分貰える武器熟練度やアイテムが美味しいので、余裕があったり、レア装備のレシピを覚えてから関わることをおすすめします。

レア装備

一般素材で作る装備とレア素材で作る装備にはそれなりの性能差があります。
細かいですが、その性能差を活かすことで、実験体の相性や自分の技量をステータスでゴリ押しすることが可能になってきます。

レア装備は欲しい物を予め考えておいて、受け皿を用意しておくのが楽です。

受け皿とは後レア素材だけ組み合わせれば完成できる装備品のことを指してます。

装備が完成した後、動物を狩り、敵実験体と戦いながら受け皿を用意し、偶然レア素材が拾えたら作って換装の流れが一般的です。
(偶然の部分をアルファ・オメガで確定にしたり)

その他細かい部分は戦略・戦術やシステムをご参照ください。

未分類

Posted by Asatamin